「 防災 × 調理 」防災講座(第2回家庭教育委員会 研修会) 

投稿者:

家庭教育委員会では、10月13日(水)県内19ブロック(各郡市P連)から委員が集まり研修会を開催しました。

講師に、三重県教育委員会学校防災アドバイザー・だんだんキッチン代表 大須賀 由美子氏をお迎えして『防災はじめの一歩 防災講座ソナエゴハン』と題して、実際に調理の手順を確認しながら災害時の食と調理についてポイントなどをご講演いただきました。

自身が被災した阪神淡路大震災の経験を交えながら日頃の備えから地震が起こった時にどうしたら良いか、自らの命を守るためにも防災教育で正しい知識を学ぶことの大切さを教えていただきました。

また、防災食では、ポリ袋を使った湯煎調理法を紹介。時短調理として日頃のご飯作りでも活用できるレシピは、災害だから特別なことをしなくてはいけないという思いを変えてくれました。

便利な防災食もありますが、乾物など日頃使っている食材や調味料を1つ余分に買うことが防災の備えになること。日常の備えが防災の備えになることを学んだ研修会となりました。

研修会の動画を、期間限定で公式YouTubeチャンネルで公開をしています。ぜひご視聴下さい。

【動画公開は、終了いたしました。】