家庭教育委員会 報告

投稿者:

今年度の家庭教育委員会活動として、第一回は例年通り「みえの親スマイルワーク」を活用し、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に置き換えるという内容でワークショップを開催しました。第二回は子ども達を取り巻くスマートフォン問題について県内各郡市の取り組みの中から、桑名市教育委員会 谷岡伸悟氏に「スマホおやすみ運動」、名張市PTA連合会事務局 岩本和子氏に「家庭でのルール作り」について発表して頂きました。どちらも子ども達の睡眠時間が脅かされている事が大きな問題点となっていました。数年前はまだ全ての児童生徒が所持しているわけではありませんでしたが、僅かな期間に子ども達の環境は大きく変化しました。しかしスマートフォンが子ども達に悪影響ばかり与えていると考えるのではなく、家庭で子どもと話し合いながら活用方法を考えていく事が大切だという認識で一致しました。

来年度は日本PTA東海北陸ブロック研究大会三重大会の開催が控えています。委員会活動を更に活性化させ、家庭教育委員の皆さんと一緒に学びを深めていきたいと思います。

一年間御協力ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です