平成30年度三重県PTA研究大会

投稿者:

ー平成30年度 三重県PTA研究大会

メインテーマ:「 DREAM

       ~ エールを送ろう!子供たちの未来へ

日時:平成301123日(祝) 1300

会場:三重県総合文化センター 大ホール

参加者:三重県PTA会員 1,200

 まず開会に先立ち、オープニングアトラクションとして白子ウィンドシンフォニカ&津市立橋北中学校ブラスバンド部による演奏会があり、心温まる素晴らしい演奏や親世代には懐かしいバラエティー番組の楽曲などを演奏され来場者を和ませました。

 続いて今大会にご臨席くださいましたの鈴木英敬三重県知事よりご祝辞を賜り、平成304月に施行された三重県いじめ防止条例について触れられました。

・子どもたちを社会総がかりで守っていく。

・子どもたちのいじめをなくしていくために大人もしっかり努力していく。

・大人は子どもたちをしっかり見ているよ。

このようなメッセージを発信するため、4月と11月を強化月間として「ピンクシャツ運動」を展開している。

そしてこの運動を展開する上で大切な役割となってくるのが”PTA”であるとも付け加えられました。

 次に、平成30年度 三行詩コンクール入賞作品の表彰ならびにシンボルマーク優秀作品の表彰が行われました。

三行詩入賞作品はそれぞれ小学生の部、中学生の部、一般の部に別れており、作品紹介のあと受賞者は登壇し三重県PTA連合会の松山会長から表彰状を授与され記念撮影を行いました。

なかでも桑名市立立教小学校2年生の中村圭吾さんの作品は、小学生の部で厚生労働大臣賞受賞という快挙を成し遂げられました。その他にも受賞された皆さんの作品におかれましても、ご本人の優しさがにじみ出ており、読み手がほっこりする作品や心打たれる作品ばかりでした。

そしてシンボルマークにつきましては、来年度この三重で行われる日本PTA東海北陸ブロック研究大会 三重大会における大切なシンボルマークとなります。よって大変重みのある、また意味のあるものになりますので、私たち県P連にとりましてはこれからしっかりとPRする必要があると責任を感じております。

受賞者の皆さま、誠におめでとうございました。

 開会行事の最後に、来賓を代表し三重県議会議長の前田剛志様よりご挨拶を賜り、追って今回ご臨席くださいました三重県教育委員会事務局 育成支援・社会教育担当次長の森下宏也様、三重県小中学校長会会長の西村茂様のご紹介がありました。

 そして休憩を挟み、本大会の記念講演に戦場カメラマンとして有名な渡部陽一さんに「世界からのメッセージ ~希望ある明日のために~」と題し、ご自身の実体験をもとに戦場の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆についてご講演をいただきました。

渡部陽一さんは講演の最後に、

「皆さんに将来余裕が出来たときには、どんどん行ってみたい外国に飛び出してほしい。そこで得た経験は必ず自分にとって大きな支えとなる。」

と締めくくられました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です